企画
 
  金彩・刺繍打掛の全てを、決定する重要な工程  
まず、どの様な柄、生地、配色、金彩の加工方法・刺繍の配色など、どのような打掛を作成するか、全て
の選定をとり決めます。
図案
       
    イメージを具体化する センスを問われる作業  
    柄のイメージが固まったら、図案を作成しイメージを具現化していきます。
まず、ミニチュア図案を作成しその上で、本番図案を作成していきます。

一度で決定する事はなく、打ち合わせを5〜6回繰り返し微調整をし、図案
を完成させます。
 
         
型彫
       
    図案を元に手作業で、丹念に進めていく 非常に地道な工程  
    図案が出来上がったら、図案を元に金彩加工や刺繍をする為の型を彫り
ます。

一色につき一型を作成する為、打掛の柄を作成するには少ないものでも
2ヶ月様々な色や柄が入るものでは、3ヶ月以上も懸かる作業です。
 
         
生地選定
       
    打掛の土台を決定づける、金彩や刺繍に
マッチする生地を見つけだす
 
    型彫りと同時進行で生地の選定、作成を行ないます。
企画の段階でイメージに合う生地が無ければ、新たに作成します。
 
         
引染
       
    生地を、伸子(しんし)を打って長く張ります。まず染料を生地に均一に浸透
しやすくするとともに、染料が伏せ糊の内側に、にじみ出るのを防ぐために色の濃淡に応じて豆汁かふのり液を全体に引く地入れの作業を行ないます。
その後刷毛で地色を一気に引き染します。
染める面積が広くムラも生じやすい為、均一に手早く染める熟練した技量
が不可欠です。淡い色で二度引き以上、濃い色はそれ以上の引き染めをし
ます。また打掛は、無地染め・2〜3色ボカシなど様々な引染がある為、熟
練した職人でしか行えない高度な技術を要する作業です。
 
蒸し 
       
    地染めの後、染料液の乾いた生地を蒸しにまわします。
地染の段階では染料は生地に置かれている状態ですが、蒸す工程を経ること
で生地に定着し、発色も完全なものとなります。

蒸しと反物を水で洗う水元の工程は関連性が深いので、ひとつの作業場が両
方の設備を整えています。
 
         
水元
       
    糊とともに、定着せず余った染料を水で洗い流す作業を水元といいます。

この作業をしっかり行なわないと、色ムラなどの原因になる為、とても慎重
に行ないます。
 
         
金彩加工
       
    打掛の表情を決める 職人技が光る工程  
    この工程で柄が初めて生地の上に乗ります。ここで又金彩の色合い、どのよ
うな材料を使用するかなど、何度も打ち合わせや見本作りを繰り返し本番に
臨みます。
金彩柄とともに刺繍の案内糸目なども同時に加工していきます。
金彩加工は、引染とともに非常に重要な肯定の一つです。熟練した職人さん
が型紙を置いて顔料糊やふきつけ加工など職人さんの個性やセンス 柄イメ
ージの具現化などが非常に問われる工程となります。
 
刺繍加工
       
    金彩・刺繍打掛の主役 個性とセンスで美しく豪華に  
    最終工程の刺繍加工に入ります。
ここでも色合い・縫い方など何度も打ち合わせをし、染・金彩・刺繍すべて
が一つの作品になる様進めていきます。
刺繍は、『横振りミシン』という特殊なミシンを使用し、様々な柄を縫い上
げていきます。
 
 
検品 
       
    すべての工程が終了したら、染のムラや難、金彩の難や型くずれ、刺繍の糸
とびや色ずれがないか、くまなく検品します。