作業工程1
糸を染める
 
   
   この状態で糸が入ってきます。  原糸の汚れを落とすため、
 高圧釜で水洗します。
 高圧釜に染料を入れ、染色しま
 す。染色後、再度水洗します。
 
         
   脱水機で水を飛ばします。  染め上がった糸を袋に詰めて
 完成です。
       
               
整経する
 
   
 経糸を準備し、全ての糸に
 同一の張りを持たせた状態にし
 ます。
 部分整経機のドラムに所定の
 本数になるまで何回も繰り返
 し巻き換えます。
 部分整経機により整えられた
 経糸を巻き取り用の箱に巻き
 上げて完成です。
図案・意匠
 
   
 製織したいモチーフを図案化
 し、意匠紙という方眼紙に描
 き写します。
 パソコンで編集・デザインをし
 ます。現在は、意匠紙を使わず
 にパソコンのみで意匠を行う事
 が多くなっています。
製織する
 
   
 フロッピーに入った意匠のデー
 タをコントローラで読み取りま
 す。
 コントローラから送られたデー
 タによりジャカード(紋織機)が
 動きます。
 ジャカードが作り出す経糸と緯
 糸の動きにより様々な色柄の織
 物が出来上がります。
整理する
 
   
 生織の状態の物に熱処理を行い
 整えます。
 整えた生地を巻き上げます。  これで整理終了です。
作業工程2
帯を仕立てる
 
   
   整理から上がった生地を一反
 一反丁寧に裁断していきます。
 裏地と表地をミシンで縫い合わ せます。  縫い目に沿って手で一本一本
 仕上げていきます。
 
         
   万力を使い、帯をプレスし、
 型を整えます。
 これで帯の完成です。