弥生時代に原型が出来た袴は、鎌倉時代頃に現在の
形になり、それから明治時代までずっと使われてき
ました。

洋服が主流となった現在では礼服として結婚式・
成人式・卒業式等に使われる様になり、ほとんどの
方は一生に着る機会が何度と無いものになってしま
いました。
腰板が背筋に当たり、自然に姿勢が良くなる感覚を
日本人として、是非一度は味わって頂きたいと思っ
ております。

色々なタイプの袴を作っております。

★無地袴   ★色金糸使いの袴
無地袴   無地袴生地   色金糸使いの袴   色金糸使いの袴生地
琥珀織のしっかりした
生地です。
  緯糸に色金糸を使い、光る=
金銀だけではなくて、様々な
バリエーションで存在感を出
せるものを作っております。
 
★織りぼかし袴 ★染めぼかし袴
織りぼかし袴 織りぼかし袴生地 染めぼかし袴 染めぼかし袴生地
緯糸の入れ方だけでグラデー
ションを表現しています。
力強いグラデーションにな
ります。
織り上がった生地を後染め
でグラデーションにしていま
す。
やわらかいグラデーション
になります。

※袴には色々と種類がありますが、おおまかに分けるとすると馬乗(うまのり)袴と行灯(あんど
 ん)袴に分かれます。

馬乗袴…中仕切りがあり、キュロットスカートの様になっています。
行灯袴…中仕切りがなく、巻きスカートの様になっています。

ちなみに上記で紹介した中の無地袴だけが馬乗袴を撮影したものになりますが、外観では違いは
分からないと思います。