金襴とは緯糸に金箔や金糸を使用して紋様を織り出し
た古来からの伝統的な織物です。
金襴は室町時代に中国から伝来し、日本で独自の進化
を遂げました。織物の中でも特に豪華で黄金色に輝く
紋様は数ある布地の中でも最高の位に入ります。

この伝統の火を消さぬ様、日夜努力しております。

織物は織り方によって生地の質感が変わります。

琥珀織   ★琥珀織
経糸と緯糸が交互に細かく組織を絡めますので、耐久性に優れたものになります。
   
綾織   ★綾織
糸の交差する点が斜めに走るのが特徴です。琥珀織と繻子織の間をとった風合いです。
   
繻子織   ★繻子織
経糸と緯糸の接点を少なくして織物の表面に縦糸または緯糸を浮かせる織り方です。
やわらかく、光沢のある織物に仕上がります。
     
紹巴   ★紹巴(しょうは)
戦国時代の連歌師、里村紹巴が愛玩した織物です。緯糸が経糸を包み覆うような織り
方で、緯糸によってのみ表面の色柄を表現します。

織り上がった金襴生地とそれを使った製品です。

生地   人形   小物
 
織り上がった生地です。
鮮やかなものから落ち着いた
ものまで、色々と制作してお
ります。
金襴を使用した手作りの人形
です。色のとり合わせによっ
て様々な雰囲気に変わります。
こちらも手作りのバッグや小
物類です。生地の使い方次第
で他に類のないような素敵な
ものが作れます。