『匠の技術と現代技術の融合』

群馬県桐生市の地場産業である桐生織は品種が多く
生産量の少ない付加価値の高い先染めジジャカード
織物です。その中でも金襴織物は更に希少な織物で
金糸銀糸を使い、多色で色柄を表現し、伝統ある匠
の技と現代のコンピュータ技術を融合させ、お客様
のニーズに合わせた物作りを心掛けております。
弊社では桐生織を生かした帯・人形・小物など多種
多様な商品を製造し、時代に合わせた物造りに取り
組んでおります。